1. TOP
  2. 子宮筋腫治療体験談
  3. 子宮筋腫の手術後は痛みで死ぬかと思いました。

子宮筋腫の手術後は痛みで死ぬかと思いました。

子宮筋腫治療体験談 この記事は約 7 分で読めます。 31,402 Views
子宮筋腫手術

>>子宮筋腫を日常ケアで根本治療・再発予防する方法




当サイト《子宮筋腫の教科書》にご寄稿頂いた筋腫持ち女性の体験談を掲載します。

===ここから===

私の家系は、祖母や母、母の姉二人もみんな子宮筋腫持ちで、子宮を摘出する手術をしています。

子宮筋腫は遺伝するとも言われていますから、私も幼い頃から「子宮筋腫は見つかれば早期治療、手術が必要」だと思っていましたし、検査は毎年必ずしないといけないと思っていました。

異変を感じ出したのは、生理の量にバラツキがでだした時です。

ビックリする量の時もあれば全く経血が出なくて生理があっているのか、時期も分からなくなりはじめていました。

ただ、閉経にはまだ早いかな?との時期でもありましたが、生理の終わりがけには女性によってはそういう症状もあるとよく聞いていた事もあり、そんなには気にしていませんでした。

毎年必ず子宮頸ガンの検査は受けていたし、2年に一度はエコーで子宮内を見て貰っていたので大丈夫だろうという認識がありました。職場の検診では貧血の数値が低いと言われていました。幼い頃から軽い貧血もあったむねを伝えていました。

気を付けていたのに自覚症状もないまま子宮筋腫が見つかった!

そうして数年が経ち、また異変が。貧血が酷くなったのか、飴をひたすら噛みたくなってしまったのです。

1日一袋食べてしまうくらい常にガリガリと食べていました。異常だと心配する周りの声を聞き始めたのもあり、丁度職場の検診もあるので貧血なども調べて貰いました。結果報告もあるので病院にと言われて問診がてら行きました。

その時に先生から言われたのが、やはり生理時の出血と貧血の数値で、「家系柄の子宮筋腫が気になるので産婦人科に行ってみて下さい」と言われました。

娘にお願いして、予約を取ってもらい病院へ。産婦人科では尿検査、内診、エコー検査をしました。痛みはありませんでした。エコーをまず見ると、握りこぶし一個分の腫瘍がありました。先生に言われて自分でその箇所を触ると、確かにぽっこりしているのが分かりました。

グッと押すと軽く痛みはあるのかな?と思いました。その産婦人科では子宮筋腫の手術等は出来ないので、地元の大きい病院への紹介状を頂き、その日は家に帰りました。

貧血の数値もあるので、治療を兼ねての鉄剤を貰いました。大きい病院での初診では、尿検査、エコー検診、内診がありました。産婦人科で言われたのと同じ様な事を言われて「一応細胞検査をしましょう」と言われてドキドキで結果を待ちました。

・・・検査の結果は筋腫は良性だったのですが、貧血の治療をしながら様子を見てもよいし、手術で摘出してもよいとの事で悩みました。治療になると、定期的な検診を受けてもらうと言われました。

家族で一度じっくり相談して下さいと言われて、手術方法を聞いた所お腹に三箇所メスを入れて腹腔鏡手術を行うとの事です。腫瘍を切り取り卵巣は残したまま、なんと子宮まで摘出しましょうとの事でした。

子宮を摘出するという事なので、さすがに自宅でじっくり話し合いをしました。

まだ若くて体力もあると言う事、そして娘からもお願いされる形で子宮筋腫の手術をする事に決まりました。なんとか予約を入れてそれまでは治療の為の鉄剤を飲む指示がありました。手術の前日から入院して、下剤をひたすら飲みました。何度もトイレに行きました。

夜ご飯後は水分のみだったので比較的に楽でした。当日は手術着に着替えて、オペ室に入ります。娘や息子、孫もかけつけてくれていました。手術中の事は麻酔で分かりませんが、手術後起こされて部屋に戻りました。その前に別室で家族が摘出した部位を見せてもらったそうです。グロかったと言っていました。



子宮筋腫の手術後1~2日は我慢との戦いでした

部屋に戻ってからが地獄でした。チクチクとした痛みが続き、死ぬかと思いました。

座薬での痛み止めなんですが何度もナースコールを押してもらい腰をさすってもらいました。その時は主人がいてくれて本当に良かったと思いました。

一度帰宅した娘と、孫、母が夕方来ましたが痛さからうなづく事しか出来ません。夜中は一人なので心細かったですが、痛みのせいで全く寝れませんでした。朝方になってようやく少し寝れたと思います。

朝ごはんが普通に出てきたのにはビックリしました。お粥なんかだと思っていたのもあり、驚きでした。

ご飯後、尿の管を取り、看護婦さんと一緒に軽く歩きました。歩くと痛みもだいぶ楽になりましたが、まだ、傷口の痛みはありました。娘が病院に来てくれた時にはかなり楽になり、ジュースとプリンを一緒に食べました。息子が心配して仕事終わりにきてくれたのにはとても嬉しかったです。

またその日はシャワーが出来るようになり体を綺麗にできてスッキリしました。夜は一時間程テレビも見れました。

そして手術後三日目には下のコンビニまで1人で歩いて行きました。まだ痛みはありましたが痛み止めを飲みながら過ごしました。この日にはしっかり便が出るようにもなりました。

同じ病室内の方とも仲良くなれ、おしゃべりをするようになりました。皆さん同じ様に子宮筋腫を摘出手術をした方で、隣の方は痛みもなく、しっかり寝ていたと言っていたので驚きでした。

夕方娘がサプライズでまた来てくれたので、病室内の方とケーキを仲良く食べれました。この頃には食欲は少しは戻ってきていました。

四日目にはサロンでの食事を取れました。三回とも、完食しました。気分転換に、テレビを見たり本を読んだりして過ごしていました。職場の方がわざわざお見舞いにきてくれたので軽くおしゃべりをしました。痛みは変わらずですが、かなり楽に過ごすことができていました。

そして手術後五日目、朝に内診や、傷の状態を見てもらい退院の準備をしました。夏休み期間で入院サイクルが早く、まだ痛みもあるので、もう少しの入院をお願いしましたが満室の為無理でした。

娘が病院まで迎えにきてくれたのですが、その日は手術時の病理検査がまだだったので、三週間後の検診でとの事でした。自宅に帰ってからが痛みが強く出ましたが、貰っていた痛み止めを飲んでおさえていた状態です。



子宮筋腫の全ての治療を終えて・・・

そして子宮筋腫の手術をしてから三週間後、病院に行くと「子宮筋腫は良性だったので安心して下さい」と言われました。傷の治りもいいので、予備の痛み止めと治療の為の鉄剤を貰いました。

子宮筋腫手術後一ヶ月の検診では、血液検査の結果も良好で、貧血の数値もあがっていました。

「子宮筋腫での治療はもうこれでありません」と言われて全ての治療を終えました。

手術で子宮を取ったので、毎月の生理もありませんしとても楽に生活出来る様になりました。

貧血もないし、ガリガリと飴を食べていたのが今では嘘の様です。子宮筋腫の治療方法を選ぶ上で、経過観察も筋腫の大きさがそんなに大きくなければ大丈夫だと思います。

良性だったら特に問題もないみたいですが、手術をする事にもメリットがあるので家族と相談して私は決めたので良かったと思います。

子宮筋腫は気になればすぐに検診を受けるのが早期発見、早期治療に繋がります。子宮筋腫の治療を通して、早く気がつけば怖くない病気だと言う事が分かりました。

※この記事は実際に子宮筋腫の治療を体験した女性からの投稿によるものです。

>>子宮筋腫を日常ケアで根本治療・再発予防する方法

子宮筋腫の再発防止大きさを改善する物として
筋腫持ちの多くの女性が実践している治療法です♪
詳細はこちらからご確認下さい。

子宮筋腫の再発予防にお役立ちできれば幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

子宮筋腫手術の注目記事を受け取ろう

子宮筋腫手術

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子宮筋腫手術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 子宮筋腫の再発防止に必要な7つのケア【保存版】

  • ぽっこりお腹は子宮筋腫のサイン?

  • 生理が止まらないのは子宮筋腫が原因かもしれません。

  • 子宮筋腫の手術後は痛みで死ぬかと思いました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 経過観察で子宮筋腫の大きさが小さくなった話

  • ピル服用で手術なしでも子宮筋腫の症状は軽くなりました!

  • 私の子宮筋腫の症状と手術で克服した治療過程を紹介します。

  • 子宮筋腫の検査がきっかけで体調に気遣うようになりました。

  • 子宮癌検診での子宮筋腫の発見と薬物療法

  • 知っておきたい子宮筋腫の症状と妊娠・出産までの過程