1. TOP
  2. 子宮筋腫の基礎知識
  3. 子宮筋腫ができる原因とメカニズムを知ろう!

子宮筋腫ができる原因とメカニズムを知ろう!

子宮筋腫の基礎知識 この記事は約 7 分で読めます。 7,202 Views
子宮筋腫原因

>>子宮筋腫を日常のケアで治療する方法




子宮筋腫は女性の子宮にできる良性の腫瘍(コブ)の事です。

「筋肉」に「腫瘍」と書いて筋腫ですが、筋腫は筋肉が線維の変異した物で、触ると固い感触があります。

子宮筋腫ができるのは、子宮内の子宮体部にできるものが95%、子宮頸部にできるものが残りの5%くらいで、ほとんどの筋腫が子宮体部にできるもので、同じ子宮体部にできる筋腫でも、できる箇所によってその種類は大きく3種類3タイプの子宮筋腫解説の記事を参照して下さい)に分かれます。

子宮筋腫は成人女性の実に25%以上に見られる腫瘍で4人に1人の女性という事になりますが、さらに言えば、ただ検査等で子宮筋腫が発見されていなかったり自覚症状がないばかりに存在に気が付いていないだけで、潜在的な子宮筋腫持ちの女性を含めると、実に成人女性の半数以上が子宮筋腫を持っているとも推測されています。

ではなぜこれほどまで多くの女性に子宮筋腫ができてしまうのかという原因については、まだはっきりとした事は解明されていません。

ただし子宮筋腫の原因が100%解明された訳ではありませんがおよその事は分かっていて、子宮の筋層の中にある筋腫の芽のようなもの(筋腫核と言われたりします)が、女性ホルモンの影響を受けて大きくなる事が原因だと考えられています。

子宮筋腫の原因と大きくする関わるエストロゲン





子宮筋腫の芽は女性なら誰しも備え持っているもので、子宮筋腫は女性ホルモンの影響を受けた子宮の芽(筋腫核)が成長したものだと考えられていますが、女性ホルモンの中でも特にエストロゲンという女性ホルモンが子宮筋腫の成長に大きく関与していると考えられています。

子宮の仕組みを紹介すると、女性ホルモンのうちのエストロゲンの分泌の影響を受けて子宮内膜が厚くなり、排卵後は、今度はもう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンの影響で子宮内膜が柔らかくなります。

受精卵が子宮内膜に着床すると妊娠という事になり、うまく着床できなければ不要になった柔らかい子宮内膜がはがれ落ちて体内に排出され、これがいわゆる月経となります。

女性ホルモンの分泌が盛んになる20代から40代の女性に子宮筋腫の症状が多くみられるという事、閉経した後の女性の子宮筋腫が徐々に小さくなっていく事、そしてエストロゲンの分泌が最も盛んになる妊娠期に子宮筋腫が大きくなりやすい事などから、女性ホルモンの中のエストロゲンが子宮筋腫の成長に大きく関与していると考えられているのです。

その他にも、エストロゲンを大量に与え続けた結果、筋繊維が増えたという動物実験も存在しているようです。

子宮筋腫の原因がエストロゲンだからこそ、早熟な現代女性にも筋腫ができる

子宮筋腫の成長に関係する女性ホルモンですが、その分泌は初経の頃から徐々に増え始め、20代~40代の頃には分泌量がピークを迎え、閉経して更年期を迎えるとだんだん分泌量は少なくなっていきます。

子宮筋腫の発生が20代後半~40代の女性に集中して多く見られる理由は、思春期の頃から徐々に女性ホルモンの影響を受け続けてきた子宮の芽が少しづつ成長し、20代後半以降の年齢になった時に、婦人科検診や健康診断などで発見されるという事でしょう。

昔では考えられなかった事として、最近では20代前半の女性にも子宮筋腫が見つかるケースが増えているのですが、それは現代女性が成熟期が早まり、初経を迎える年齢も早まっていることが関係するでしょう。

つまり、早くからエストロゲンが分泌されるようになったぶん、子宮筋腫の芽が大きく育ってしまうのも早まっていると考えられるのです。

子宮筋腫の成長には個人差があります

筋腫の小さな芽(筋腫核)は子宮内に数多く存在すると考えられているのですが、どの筋腫の芽も一様に成長していくわけではなく、大きくなる筋腫と成長せずに芽のままの状態で止まる筋腫があります。

成熟期の女性であれば誰にも同じように女性ホルモン(エストロゲン)は分泌されるはずですが、当然ながら女性が皆一様に子宮筋腫の芽が大きくなるわけではなく、子宮筋腫の芽が全く成長せずに無症状のままで閉経を迎えてしまう女性がいる一方で、子宮筋腫がどんどん大きくなって、上図のように赤ちゃんの頭くらいの大きさにまで成長してしまう女性もいます。

同じように女性ホルモンの影響を受けているにも関わらず筋腫の芽が大きくなる・ならないの差が出てしまうのは、免疫力など体質の問題であったり、ストレスや食事などの外部要因が影響していたりと、女性それぞれの生活する環境によって全く違ってくるからなのです。



子宮筋腫を大きくする原因のもう1つは免疫力

人間の体には本来“免疫力”が備わっていて、免疫力が弱まっていると風邪などのウイルスを貰いやすくなりますし、ガンなどの悪性の腫瘍も進行しやすくなります。そういったウイルスや病気に対抗できるものが人間の体に備わった免疫力なのです。

子宮筋腫はガンなどとは違ってあくまでも良性の腫瘍ですが、それでもやはり体の免疫力が弱まっていると筋腫が人よりも成長しやすくなるようです。

つまり、免疫力の低下が子宮筋腫ができる直接的な原因になり得るのです。

現代人の免疫力は昔に比べたら弱っているというのはよく言われている話ではありますが、子宮筋腫の発見が20代前半の女性からも増えている事も、現代人の免疫力が弱まっている事の顕著な証しでしょう。

食品添加物、農薬、学校や職場でのストレス、運動不足、不規則な生活、栄養過多など様々な理由で体の免疫力が弱まっている人は、子宮筋腫が大きくなる原因を自ら作ってしまっている事になると考えられています。

女性ホルモンのエストロゲンの分泌以外にも、免疫力の低下が直接的な原因となって子宮筋腫の成長を促してしまっているのですから、筋腫の成長を抑制するためにも、ストレスをためない生活や食品添加物に気をつけた生活を心がけるようにしましょう。

子宮筋腫の原因には、実は遺伝も影響する!?

医師達の間では子宮筋腫ができる原因に遺伝の影響もあると考えられていますが、子宮筋腫が母親や祖母からの遺伝が原因でできるという明確な根拠はまだ立証できていません。

ただし、実際に子宮筋腫が見つかった女性を統計的に見てみると、母親や祖母も同様に子宮筋腫を持っていたというケースが多いという事は事実なので、医学的には立証できていないにしても統計学的には立証できているという事なのでしょうか。

これからの研究で、子宮筋腫と遺伝の関係性は明らかになるかもしれません。



まとめ

子宮筋腫ができる原因は医学的に100%解明できているわけではありませんが、子宮内にある筋腫核と呼ばれる子宮の芽のようなものが、女性ホルモンのエストロゲンの影響を長年受けて育っていくものと考えられています。

女性ホルモンが分泌される女性の中でも子宮筋腫が大きく育つ女性と、筋腫が芽のままでいっこうに大きく成長しない女性とに分かれるのは、女性それぞれの免疫力の問題や、衣食住などの外部環境にも大きく影響するようです。

子宮筋腫が大きくなってしまう原因をなるべく排除し、内面から心身共に整えていく事が大切ですね。

下記で紹介している自宅でできる子宮筋腫のケア方法も大変人気ですので、参考にしてみて下さい。

>>自宅で子宮筋腫を治療する方法



\ SNSでシェアしよう! /

子宮筋腫手術の注目記事を受け取ろう

子宮筋腫原因

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子宮筋腫手術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 子宮筋腫の再発防止に必要な7つのケア【保存版】

  • ぽっこりお腹は子宮筋腫のサイン?

  • 生理が止まらないのは子宮筋腫が原因かもしれません。

  • 子宮筋腫の手術後は痛みで死ぬかと思いました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 子宮筋腫の2種類の手術と3つの手術方法

  • 子宮筋腫は成人女性に最も一般的な病気です。

  • 子宮筋腫手術後の再発予防の方法※アンケート結果を公開!

  • 子宮筋腫と低用量ピルの本当の関係性

  • 子宮筋腫の手術と信頼できる医師の3つの判断基準

  • 子宮筋腫の再発防止に必要な7つのケア【保存版】