1. TOP
  2. 子宮筋腫の基礎知識
  3. 子宮筋腫の症状は子宮を冷やすと悪化します

子宮筋腫の症状は子宮を冷やすと悪化します

子宮筋腫の基礎知識 この記事は約 5 分で読めます。 5,816 Views
子宮筋腫再発

あまりピンとこない話ではありますが、昔の女性は穀物中心の質素な食生活を送っていた事で体温は高く、子宮も温かかったそうです。だから安産多産で、不妊症などとはほとんどの女性は無縁で、むしろ子供ができ過ぎて困っていたくらいでした。

それに比べて現代の女性の子宮は冷え切っていて、冷えが原因で不妊症に悩む女性も増えています。

不妊症だけではなく、おりものや生理不順、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん、更年期障害、うつなどの婦人科系の病気のほとんどが子宮の冷えが原因になっていると言っても過言ではありません。

現代の女性の子宮が冷え切っているのには理由があり、それは昔と比べて女性の食生活が大幅に変化したからに他なりません。

戦後の日本では食生活も欧米化し、毎日乳製品や肉などを食べ続けるようになった事で女性の血液も汚れ、子宮が冷えるようになったのです。

貧血や月経過多、不妊症などの子宮筋腫の症状は、医学的には子宮の冷えが原因で起きているケースも多いと考えられていますから、子宮を温かくする事で子宮筋腫の症状の緩和、予防をする事もできますし、ひいては婦人科系の病気全般の予防にもなるのです。

子宮筋腫の再発防止のためには、体を冷やさない事が重要だと言われるのはこういう理由なのです。

昔の女性は腰巻き1枚で過ごしていた

昔の女性は子宮の温度も高かったので、冷えが原因でくるおりものなどはありませんでした。現代の女性からしてみれば、月経が近づくにつれておりものがあって当然だと思われるかもしれませんが、昔の女性はおりものなんで出なかったのです。

その証拠に、昔の女性はみんな布1枚はいただけの「腰巻き」という下着で過ごしていたそうです。

腰巻きは今の女性が履いているパンツのように全体が覆われていないので、もしもおりものが出ようものなら、衣服はビショビショに濡れ、着物を汚物で汚して出歩く事になるのです。

ですが、おりものが出る心配が無かったから腰掛けのような下着でも過ごす事ができたのです。

現代の女性におりものが出るのは子宮の中が荒れている事の証拠であって、それは日頃から女性が冷え性や低体温になるような食べ物ばかりを食べているからに他なりません。

本来女性の膣の中は酸性で保護されていて、多少の病原菌であれば寄せ付けずに撃退するのですが、おりものを出す事によって膣内の雑菌を洗い流しているのです。

しかし、それだけ洗い流されたおりものが多いという事は、膣の中に雑菌が増えているという事なのです。

あなたは大丈夫ですか?思い当たる節はありませんか?

食生活の変化が女性の子宮環境を悪化させた

また、食生活の肉食化も子宮環境を悪化させてきました。

元来日本人には動物の肉を食べる習慣がありませんでしたが、牛肉、豚肉、鶏肉を食べるようになってからは、体内の自浄作用だけでは体を綺麗には保てず、子宮も発育不全になるのです。

子宮が発育不全になって冷えるようになってしまった現代、若い女性の間では生理痛だけではなく、酷い場合には生理が来ない月経不順で悩まされる女性も非常に多くなっているのです。

一説によると、子宮を冷やしてしまうという意味ではあまり女性が食べない方が良い食べ物があって、それがナス科の野菜、じゃがいも、なす、ピーマン、トマト等です。それに加えて牛乳などの乳製品や納豆などの大豆類も本来は良くないそうです。

ただしあまりこういった極端な事例を鵜呑みにするのも良くありませんし、あれもダメこれもダメと言っていると女性は食べるものがなくなってしまいますから、体(子宮)を冷やさないように食べ物や飲み物に日頃から少し注意する事が重要でしょう。

子宮筋腫の再発防止でも子宮の冷えは大敵です

しかし、そうは言っても子宮を冷やない事は子宮筋腫の予防や再発防止にとっては物凄く重要ですので、一度子宮筋腫が見つかった女性は特に、一般の女性以上に食べ物や飲み物には注意しなければいけません。

子宮筋腫を手術によって除去したという女性も、手術後に油断して好きなものを好きなだけ食べてしまうとそれが子宮の冷えにつながり、あっという間に数年以内に子宮筋腫が再発してしまう事でしょう。

もしもその子宮筋腫による症状が酷かったり、あるいは子宮筋腫ができた場所が悪かったりすると、二度目、三度目の子宮筋腫の除去手術となると、今度は否応なしに子宮全摘術を余儀なくされてしまいます。

やはり多くの女性にとっては子宮は女性である証だと思いますから、できれば子宮は除去せずに最後まで取っておきたいというのが本音だと思います。

だとすれば、子宮筋腫の再発を未然に防ぐためにも、日頃から子宮を温めるような習慣を身につけなければいけません。

子宮を温める方法や食生活のヒントは、やはり昔の女性の暮らし方に隠されていますから、子宮筋腫の再発予防のために子宮の温め方を学ぶ事は、行き過ぎた現代の食生活を見直す良いきっかけになるかもしれませんね。

子宮筋腫の再発防止大きさを改善する物として
筋腫持ちの多くの女性が実践している治療法です♪
詳細はこちらからご確認下さい。

子宮筋腫の再発予防にお役立ちできれば幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

子宮筋腫手術の注目記事を受け取ろう

子宮筋腫再発

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子宮筋腫手術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 子宮筋腫の再発防止に必要な7つのケア【保存版】

  • ぽっこりお腹は子宮筋腫のサイン?

  • 生理が止まらないのは子宮筋腫が原因かもしれません。

  • 子宮筋腫の手術後は痛みで死ぬかと思いました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 子宮筋腫の手術と信頼できる医師の3つの判断基準

  • 子宮筋腫の症状は手術をしないで治療可能なの?

  • 女性は全員知っておきたい、子宮筋腫の治療法!

  • 子宮筋腫の手術と手術後に起こりうる症状

  • 子宮筋腫は手術しないで治るのですか?

  • 子宮筋腫と低用量ピルの本当の関係性