1. TOP
  2. 女性のからだの事
  3. 生理不順になる5つの原因と、妊娠や出産への影響は?

生理不順になる5つの原因と、妊娠や出産への影響は?

女性のからだの事 生理のいろいろ この記事は約 5 分で読めます。 769 Views
生理不順原因不妊

「今月も生理がこない…」という時があるかと思えば、予期せず早く生理になってしまって慌てたなど、生理不順が気になる方は意外と多いのではないでしょうか。

なぜ生理が不順になってしまうのか、その原因と、妊娠や出産への影響はあるのかどうか、気になるところをまとめました。

意外と知らない生理不順の定義

生理不順とは25〜38日の正常な範囲を外れて周期が長くなったり短くなったりすることをいいます。

おおよその日数は決まっていて数日ずれてしまう程度なら問題ありません。

またいつもはだいたい同じ周期なのに今月だけ違った、というような場合も不順にはあてはまりません。

いつも40日だ、とか2週間で生理がきてしまう、という場合は25〜38日の正常な範囲を外れていますので、生理不順かもしれません。

生理が始まったばかりのころはまだ周期も定まらず量も不安定ですが、いつのまにかだいたい周期が決まるようになってくるものです。

私も中学生の頃はなんだか急に生理がきたり、だらだら長く出血が続くようなことがあったりしたように思います。

その後は次第に周期が決まってきて予測できるようになっていました。

しかし最近、3ヶ月も生理がこないのが普通、と言っている友人がいたり、いつもの生理不順だと思っていたら実は妊娠していたという友人がいたりと、毎月生理がない友人が周りに何人かいて驚いたことがあります。

そのくらい、不順な人が多く、生理周期がきちんとしている人のほうが少ないくらいでした。

ですが結婚や出産を考える年齢にさしかかると、このままでいいのだろうか、ちゃんと妊娠・出産ができるのだろうかと不安な気持ちが生まれてくるものです。

一体なぜこのような生理不順が起きるのでしょうか。私の経験や友人たちからの協力もふまえつつ、生理不順を起こしてしまう原因をまとめてみました。

生理不順になる5つの原因

ストレス

仕事や恋愛などのストレスが過度にかかると、脳が影響を受けてホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。実際、生理不順の友人は、広告代理店に勤め深夜までの残業は当たり前、深酒をする機会も多く過重労働気味でした。ストレスをうまく発散できないでいるとホルモンバランスに影響してしまうようです。

やせすぎ

生理不順だった友人はとても痩せていて食も細い子でした。そして痩せているのとはあまり関係ないかもしれませんが外的ストレスに弱く、精神的にも崩れやすかったです。

仮に見た目は健康そうでも、体の内部ではバランスがとれていなかったのかもしれません。女性なら誰しも、好きな服を着たり外見を磨くために痩せたいと願うものですが、やはり必要な栄養素や体の機能が満たされていない場合もあるので、無理なダイエットは禁物です。

不摂生

これはストレスにも通じますが、生活習慣ががさつだったり、食生活が乱れていたりすると、やはり不順を招くと言えます。自分が食べたものから体はできていますし、しっかり休息をとらないと体も回復しません。

「ホルモン」という目には見えない、痛みや症状のわかりづらいものが原因で不順を招くとなると、やはり普段の生活を見直して体質を変えていく意識を持たないといけないと感じます。人間らしく朝・夜を意識して生活すると、原因不明だったいろいろな不調が整っていくと聞いた事がありますが、それはホルモンバランスや自律神経などが整っていくからではないでしょうか。

レトルト品や外食ばかりだと栄養も偏り、様々な添加物を気付かず口にしていることにもなります。安全とはいえ全く害がないわけではないですので、できるときは自炊をして、バランスを考えた食事を摂るようにしたいものです。

激しい運動

女性スポーツ選手は激しいトレーニングのためにホルモンバランスが崩れ、生理が何ヶ月も来ないということもよくあるそうです。体を酷使する事によって、生命を維持するために生殖機能は二の次になるとのこと。生理不順以外にも、無月経の場合もあるそうです。

病気

生理の症状を人と比べることはなかなか難しいので、自分にとっては普通なことが、実は病気のサインということもあり得ます。不順に加え出血がとても多いとか、生理の時の腹痛がとても辛いなどという場合は病気が隠れていることもありますので、気になることがあれば早めに受診してみましょう。

妊娠・出産への影響は?

生理不順が出産や妊娠に影響をもたらすのでしょうか。

生理が不順だということはホルモンバランスの不調を表すことが多く、生理があっても排卵していない場合があります。その状態を放っておくと症状は進行し無排卵、無月経になってしまうこともあるので早めに受診することをおすすめします。

生理が不順でも排卵がある場合は妊娠・出産には問題ありません。

ただし排卵があるかどうかは自分ではわからないですよね。

ですから不順が気になるようであれば産婦人科に行って内診をしてもらう必要があります。

もし生理周期が長くても排卵をしていればひとまずは安心です。でも、今後更に生理の周期が長くなったり様子がおかしくなったりした場合は再度受診をしてください。

生理周期の乱れが気になるようであれば、低容量ピルを飲んで周期をリセットすることも可能です。

ただしこの間は妊娠は望めませんので、これから妊娠を考えている人は早めに対処することをおすすめします。

現代人はストレスを多く抱えているといいますし、これらの原因をすべて取り除くことは不可能かもしれませんが、少しずつでも改善することは可能です。

生理なんてないほうが楽でいいと安易に考えがちですが、妊娠・出産で将来悲しい思いをしないためにも、不安なことはできるだけ早めに解決しておきましょう。
 

冷えによる血行不良肩こりを改善するとして
今、筋腫持ちの女性の間で話題のサプリです♪
詳細はこちらからご確認下さい。

45日間の返金保証付きで安心!

子宮筋腫の再発予防にお役立ちできれば幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

子宮筋腫手術の注目記事を受け取ろう

生理不順原因不妊

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子宮筋腫手術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 子宮筋腫の再発防止に必要な7つのケア【保存版】

  • ぽっこりお腹は子宮筋腫のサイン?

  • 生理が止まらないのは子宮筋腫が原因かもしれません。

  • 子宮筋腫の手術後は痛みで死ぬかと思いました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 月経痛は子宮内膜症?11個のチェック項目でまずは自己診断を!

  • 酷い生理痛の症状と生理痛を緩和する方法

  • 子宮筋腫持ちの女性と便秘の関係性、ご存知ですか?

  • セックスで痛い女性は子宮内膜症か子宮筋腫の可能性もあります。

  • 知っておきたい子宮筋腫の症状と妊娠・出産までの過程

  • 子宮頸がん等の症状と定期検診のすすめ